2011年02月26日

ごみ収集車のローラーに女性が巻き込まれ死亡

原因は作業員のミスっぽいですが、
ローラーをいったん止めたのが命取りだった気がします。
回しっぱなしなら近寄り過ぎることもなかったはず。


 25日午前7時35分ごろ、大阪市中央区宗右衛門町の市道で、ごみ収集をしていた廃棄物処理会社「泰進環境」(大阪市浪速区)の男性作業員(24)から「ごみ収集車のローラーに女性が巻き込まれた」と大阪府警南署に通報があった。女性は、ごみ収集車の後部にあるごみ投入口の回転ローラーに上半身を巻き込まれて死亡していた。南署は業務上過失致死の疑いもあるとみて捜査している。

 南署によると、女性は近くの無職、池田マサノさん(84)。池田さんは現場近くで掃き掃除をしており、作業員に「ちりとりのごみを捨てて良いか」と声をかけてきた。作業員は投入口のローラーを止めて池田さんにごみを捨てさせ、再起動して付近のごみ袋を回収後に戻ったところ、池田さんが巻き込まれていたという。

 泰進環境によると、この日は作業員2人で飲食店などのごみを収集。投入口のローラーは人が巻き込まれる危険があるため、作動中は目を離さないよう指導しているという。【安藤龍朗、服部陽】
posted by えねごり at 12:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。